ホームホームの中の医療関係者の中の適正使用ガイドの中の参照情報の中のイムセラ治療フローチャート

参照情報

治療フローチャート

イムセラの投与にあたっては、フローチャートに従い、各検査を行いながら治療を進めてください。

★:本剤の有効性及び安全性にかかわる十分な知識を有すること、医療施設の要件の確認、眼科医を含む関連診療科との連携等

  1. ※1:クラスⅠa抗不整脈剤〔キニジン(硫酸キニジン)、プロカインアミド(アミサリン)等〕、クラスⅢ抗不整脈剤〔アミオダロン(アンカロン)、ソタロール(ソタコール)等
  2. ※2:乾燥弱毒生麻しんワクチン、乾燥弱毒生風しんワクチン、経口生ポリオワクチン、乾燥BCG等
  3. ※3:全患者での検査が推奨される
  4. ※4:〔参考〕国内第Ⅱ相試験(6ヵ月)のプロトコールより
  5. ※5:投与開始前と投与後3ヵ月以内の検査が推奨される